不倫の原因はセックスレス!!

セックスレスは不倫の原因になるので要注意!

セックスレスは不倫の原因になるので要注意です。本当に危険ですよ。。。

セックスレスを機に不倫をしだすようになった

結婚して7年目、旦那とは不仲になっていた。子供もできなかった為、会話も滅多にしない。結婚して日にちがたつごとにさらに悪化していった。
まずは、セックスレスになっていたことが一番の原因だ。
付き合った当初は週2~3回していたのが、結婚してから週1~2週間に1回になっていった。それだけで愛されている実感はあったし、欲求もみたされていた。

しかし、1年ぐらいたつと子供はまだ?周りからせかされるようになった。不妊だったのかなかなかできずそれがプレッシャーに余計に感じていた。病院へ行った結果、男性不妊と判明。なおさら、旦那に「なんで私が責められなければならないの?子供欲しかったら病院行け!」としょっちゅう言うようになり、それが不仲になった原因だ。

そこでたんたんとする毎日に刺激がほしくなり、セックスレスもあり、不倫をするようになった。

いつもないドキドキ感があり、デートしている新鮮な気持ちになった。もちろん、身体だけの関係ではなく、手を繋いで水族館や遊園地へ行ったりした。普段の生活では全くないことなので7年ぶり以上のどきどき感はとても幸せな気分だった。

不倫相手も体目当てのほうが多いから、デートで楽しく過ごしたあとムードを作ってくれてセックスもどきどき感が新鮮で欲求は満たされていた。

そして、不倫相手には既婚同士を選ぶこと

出会い系サイトでも既婚者の男性の募集は多かったので、お互い既婚者ってことで意気投合した部分もあった。お互いが不満を聞きあい、ストレス発散にもなっていた。
お互い、きちんと家庭を一番に考えるようにしていたのでばれるような心配はなかった。逆に未婚の人は頻繁に連絡したりしてくるので、既婚者同士で不倫をしていた。

セックスレスになる夫婦のほとんどが、セックスをしたいということからセックスレスになる。そして、セックスを拒否されることにより愛情がないのだろうなと感じてしまう。私もそうだった。拒否されることにより、私からも求めなくなった。多くは子供が出来てセックスを女側が拒否して男性が不倫にはしるという方が多いようだ。

でも、子供がいなければ女側としてはいつまでも恋人気分を味わいたいと思ってします。

ただ一緒に寝るだけでも、手を繋ぐだけでもいいのに拒否されると欲求不満になりストレスがたまってしまっていた。

不倫には疑似恋愛のようなものを求めている人が多い。キャバクラやホストへ行くようなものだ。しかし、結婚していたら金銭面に余裕がないのでそうゆう場所にはいけない。友人にはホスト通いしている人もやはりいる。やはり女側としては、いつまでも恋愛をしていたい。歳をとっても恋人となかよくしたいという欲求がある。

だから不倫へとはしってしまう。かといって家庭を壊したくはない。誰かに必要とされる存在になりたい、愛されたいと感じ、不倫をしてしまう。そんな感じだ。そして欲求不満が満たされると夫婦生活もよくなる。ストレスがない分、明るく夫に接することができるのだ。どしたのだろうと自分でも思うくらい嫌いだった旦那を嫌わなくなった。やはり、ストレスがたまっていたのだろう。

まとめ

不倫は帰る場所があるので、妙に安心感があった。恋人同士だと別れる危険性があるが、不倫だとなかなか離婚まではいかない。

離婚がめんどくさいというのもあるし、結婚生活が長くなればこういうものなのだという感覚が夫婦間にあったのだと思う。でも、離婚になってしまうと多額な慰謝料を請求されるので、ばれないようには細心の注意をはらっている。恋心をたとえ抱いても結局は旦那との生活になれているから、離婚は考えていない。お互い既婚者同士だと離婚考えていない同士で不倫できるからしてしまう。セックスレスを原因に不倫は他にも多くあると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です